岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

ばね指

世間がクリスマス色になってきた今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

中村整骨院の齊藤です。

 

皆さんは親指などがスムーズに動かず、特に朝方などに指を曲げ伸ばしするときに引っかか

 

りを感じる事はありませんか?

 

そればね指かも知れません。

 

指は腱で引っ張ることにより曲げ伸ばしすることができますが、その腱は前腕にある筋肉で

 

引っ張っています。

 

そして前腕の筋肉が腱を引っ張ったときに腱が浮き上がらないように腱鞘と呼ばれるトンネ

 

ルを腱は通っています。

 

その指の部分にある腱鞘を通るときに力がかかり炎症を起こし、腱鞘や腱が腫れてくること

 

によりトンネルがうまく通れず引っかかりが起こることがあります。

 

その結果指を動かすときに引っかかりを感じるばね指となります。

 

症状としては腱鞘の炎症が起きているので特に指の付け根の部分に痛みや腫れ、熱感が生

 

じ、ばね現象が生じるばね指となり、さらに悪化すると完全に腱鞘を通れなくなり指が動か

 

ない状態となります。

 

特に更年期の女性に多く、妊娠出産期の女性や手や指をよく使う仕事やスポーツをやってい

 

る人にも多く見られます。

 

糖尿、リウマチ、透析患者にもよく発生し、特に親指や中指にによく見られます。

 

治療方法はまず安静にて炎症を抑えていくのが一般的です。

 

よほどひどかったり、改善しなかったり、再発を繰り返すときは手術にて腱鞘を開くことも

 

あります。

 

また、負担を減らすために全身のゆがみを取り腕から指の筋肉の緊張をほぐすことにより指

 

の負担を減らすこともできます。

 

当院では体に負担の少ない姿勢矯正を行い、姿勢の歪みを整えて正しい位置に戻すことによ

 

り、体の負担を減らし症状を改善していく根本治療を行っています。

 

また、ハイボルトと超音波によるコンビネーション治療器により体の負担は少なく腱鞘や腱

 

の炎症を抑え痛みを抑えていく治療も行っています。

 

ばね指によるばね現象が気になる方は当院に遠慮なくご相談ください。

 

 

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976