岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

 

いつもご愛読いただきありがとうございます。

中村整骨院の諸岡です。

 

 

脊柱管狭窄症とは加齢、労働などの生活スタイルなど日々の動作で背

 

 

骨の骨が徐々に突出し、神経が圧迫されることを言います。

 

 

 

神経が骨によって圧迫されることによって、長く歩き続けることがで

 

 

きなくなったり、休憩すると楽になり、また歩き出すとしんどくなる

 

 

という状態になります。

 

 

また、前屈みになると痺れや痛みがマシになるのも特徴の一つです。

 

 

脊柱管狭窄症では、悪化させないことが重要であるため、腰周りの筋

 

 

肉のケア、柔軟性を上げることで悪化を防具ことが大切になります。

 

 

腰周りの筋肉の柔軟性が落ちる原因として、骨盤が正しい位置に揃っ

 

 

てない場合があります。

 

 

骨盤が正しい位置に揃ってないことで筋肉に余計な負担が加わること

 

 

になり、筋肉の柔軟性が低下することで痛みやだるさが出てきます。

 

 

当院では体に負担が少ない姿勢矯正を行い、筋肉に負担を減らすこと

 

 

で日頃の痛みを少なくする根本治療を行なっています。

 

 

 

腰周りの痛み、だるさでお悩みの方はご相談ください。

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976