岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

外反母趾について

 

 

いつもご愛読いただきありがとうございます。

 

 

中村整骨院の諸岡です。

 

 

 

外反母趾とは女性に多く発症します。脚の指が小指側に変形し、くの

 

 

字の様になっている状態のことを言います。

 

 

付け根の関節が内側に飛び出したところが痛みになります。その飛び

 

 

出ている部分が靴に当たって痛んだり炎症したりすることで痛みが

 

 

走ったりします。

 

 

 

原因として合わない靴を履いたり、幅が狭くつま先が細くなっている

 

 

靴を履くことで指先が圧迫されて変形します。

 

 

すり足のような歩き方の癖で外反母趾になりえるため、運動靴を履く

 

 

などが大切です。また足の筋肉の衰えが影響するため、トレーニング

 

 

などが必要です。

 

 

トレーニングとして、一歩毎の幅を大きくしたり、歩き方を変えたり

 

 

などが大切です。

 

 

また、家の中を裸足で歩くことなどで足の筋力をつけるなどがありま

 

 

す。

 

 

また歩き方を変えるためには筋肉のバランスを整えて、骨盤から矯正

 

 

することで筋肉が緩み根本から変えることができます。

 

 

 

当院では体に負担が少ない姿勢矯正を行い、筋肉に負担を減らすこと

 

 

で日頃の痛みを少なくする根本治療を行なっています。

 

 

また患部の深いところに直接届くコンビネーション治療を行なってお

 

 

り、プロスポーツ選手なども使っている治療器です。

 

 

足の痛みでお悩みの方はご相談ください。

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976