岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

顎関節症について

顎関節症について10/4諸

 

 

いつもご愛読いただきありがとうございます。

 

 

中村整骨院の諸岡です。

 

 

皆さんは口を開け閉めすることで引っ掛かりがあったり、カクカク音が鳴ったりしてないですか?

 

 

それは顎関節症による影響かもしれません。

 

 

 

顎関節症とは、顎関節、咀嚼に関与する筋肉が痛んだり、引っ掛かり、顎関節の雑音などがある場合に顎関節症と判断されます。

 

 

 

原因としてはストレスや歯ぎしり、顎の酷使、外傷、普段の癖、普段の姿勢など様々あります。

 

 

 

顎関節症は放っておくことで徐々に痛みが出てきたり、口が大き上げられなくなったり、全身に様々な違和感が出ることがあります。

 

 

結果、完治が困難になったり、ずっと違和感が残ったりします。

 

 

 

症状の悪化を防ぐ方法として、頬杖をしながら口を開けたりや、顎で遊んだり、硬いものを無理矢理噛んだりしないことが大切です。

 

 

また咀嚼筋である、咬筋、側頭筋、内外側翼突筋を緩めるなどが大切です。

 

 

 

当院では体に負担が少ない姿勢矯正を行い、筋肉に負担を減らすことで日頃の痛みを少なくする根本治療を行なっています。

 

 

姿勢矯正をすることで筋肉が緩み、パフォーマンスをあげることができます。

 

 

また患部の深いところに直接届くコンビネーション治療を行なっており、プロスポーツ選手なども使っている治療器です。

 

 

 

顎の違和感などでお悩みの方はご相談ください。

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976