岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

親指の付け根の痛み

徐々に涼しくなってきた今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょう

 

か。

 

中村整骨院の齊藤です。

 

皆さんは瓶のふたを開ける時やドアの取っ手をつかむ時、ハサミを使

 

うときなどに親指の付け根が痛む事はありませんか?

 

それは母指CM関節症かも知れません。

 

母指CM関節症とは親指の付け根の関節、CM関節の軟骨がすり減って

 

炎症を起こし痛みが出たり変形が起こる症状のことを言います。

 

最初は鈍い痛みから始まり、軟骨のすり減りが進んでくるとズキっと

 

した痛みが出るようになってきます。

 

物をつまむ時や瓶のふたを開ける時のような親指に力を入れる動作で

 

痛みを感じたり、親指が開きにくく親指の付け根あたりが膨らんで来

 

たりし、進行すると親指が変形をしていきます。

 

原因としては加齢によって骨の再生速度が落ちてきて関節軟骨のすり

 

減りが起きやすくなってしまったり、普段の生活で親指をよく使うた

 

めに親指への負担が蓄積し限界を超えたりなどがあります。

 

特に女性は加齢により女性ホルモンの量が減少することにより腱や関

 

節の柔軟性が落ち、関節の炎症を起こしやすくなってしまいます。

 

基本的に治療としては親指の付け根をできるだけ動かさないようにし

 

て休まれることが大切です。

 

初期のうちなら炎症を抑えるためのシップを貼ってテーピングやサ

 

ポーターなどで固定することで症状が改善してきます。

 

また、負担を減らすために全身のゆがみを取り腕から指の筋肉の緊張

 

をほぐすことにより関節の負担を減らすことができます。

 

当院では体に負担の少ない姿勢矯正を行い、姿勢の歪みを整えて正し

 

い位置に戻すことにより、体の負担を減らし症状を改善していく根本

 

治療を行っています。

 

また、ハイボルトと超音波によるコンビネーション治療器により体の

 

負担は少なく炎症を抑え細かい傷の修復を促し痛みを抑えていく治療

 

も行っており、関節の痛みをとっていくことができます。

 

親指の痛みが気になる方は当院に遠慮なくご相談ください。

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976