岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

腰部脊柱管狭窄症の原因と予防法

いつもブログをご覧いただきありがとうございます

 

中村整骨院野嶋です

 

みなさんは背筋を伸ばして立っていたり、歩き続けると太ももや、ふ

 

くらはぎ、足の裏などに痺れや痛みを感じたことはありませんか?

 

 

それは腰部脊柱管狭窄症かもしれません

 

腰部脊柱管狭窄症とは、加齢や労働による負担、背骨の病気などによ

 

り神経が通る脊柱管を狭くなり神経を圧迫したり、血流が悪くなり太

 

ももや、ふくらはぎ、足の裏などに痺れや痛みが出ることがありま

 

す。

 

 

特徴としては、腰痛はそこまで強くなく安静にしている時はほとんど

 

症状がありませんが、背筋を伸ばして立ち続けていたり、歩き続ける

 

と痺れや痛みが強くなり、休むと軽減すると言うのが特徴です。

 

予防としては、まず腰に負担をかけないことが大切です。ほかにも体

 

操やストレッチなどで体を動かすことで背骨を柔らかい状態に保つこ

 

とも効果的です。

 

当院では体への負担が少ない骨盤矯正や姿勢矯正で体の歪みをとり筋

 

肉を緩め本来の体の位置に戻していくといった治療を行なっておりま

 

す。

 

足の痛みや痺れでお困りの方はお気軽にご相談ください

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976