岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

肘の痛みとゴルフ肘

なんだか少し涼しくなってきた気がしないでもない今日この頃、皆さんいかがお過ごしで

 

しょうか。

 

中村整骨院の齊藤です。

 

皆さんは肘の内側に痛みを感じたり薬指や小指にしびれや痛みを感じたりする事はありませ

 

んか?

 

 

それはゴルフ肘かも知れません。

 

ゴルフ肘は正式名称を上腕骨内側上顆炎と言い、手首を手のひら側に曲げたり、物を持って

 

肘を曲げた際に肘の内側に痛みが走る症状が出ます。

 

その他にはタオルやぞうきんを絞ったりロープ状のものを引っ張った際に痛みが発生しま

 

す。

 

肘の内側の出っ張っている部分を内側上顆と言い、ここに手首を曲げる筋肉が付着していま

 

す。

 

この筋肉をよく使うことにより付け根の腱の部分が炎症を起こし痛みが発生します。

 

ゴルフのスウィングやテニスのフォアハンドの繰り返しや、仕事で重いものを何度も持って

 

運んだり物を引っ張ることが多かったり、その上で加齢により筋肉が固くなって繰り返しの

 

刺激に弱くなっていると発生しやすくなります。

 

治していくには何より安静が大事になってくるので、安静を心がけ、手首や腕を使う作業を

 

出来るだけしないのが大切になります。

 

また、姿勢や骨盤の歪みがあると筋肉が緊張し、腕を動かした時の負担が大きくなったり、

 

治すために必要な血流が減ってしまうので姿勢や骨盤の歪みをとるのも大切です。

 

当院では体に負担の少ない姿勢矯正を行い、姿勢の歪みを整えて正しい位置に戻すことによ

 

り、筋肉の負担を減らし症状を改善していく根本治療を行っています。

 

肘の痛みが気になる方は当院に遠慮なくご相談ください。

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976