岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

ハムストリング付着部炎と体の歪み

照りつける太陽がつらかった今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。n

 

中村整骨院の齊藤です。

 

皆さんは座っているときや運動しているときに臀部に痛みを感じる事はありませんか?

 

それはハムストリング付着部炎かも知れません。

 

ハムストリングは太ももの後面にある半膜様筋、半腱様筋、大腿二頭筋の総称で骨盤の坐骨

 

結節から始まって、膝下の脛骨の付いています。

 

股関節を伸ばしたりひざを曲げたりするときに使われる筋肉でハムストリング付着部炎の時

 

はこの筋肉が引っ張られたときに座骨結節に痛みが出ます。

 

座った時に座面に座骨結節が当たり違和感や痛みが出たり、深くかがんだ時に痛みが出たり

 

します。

 

ランニングやサイクリング、ジャンプ、キック動作の繰り返しが多い人や昔足を怪我したこ

 

とがある人などに起きやすいです。

 

治していくためにはまず休ませることとハムストリングの硬さをとっていく必要がありま

 

す。

 

ストレッチで伸ばしていくのがハムストリングの硬さをとっていくのに有効ですが、体に歪

 

みがあると固いところは伸びにくく、伸びやすいところばかり伸びいまいちストレッチの効

 

果がでません。

 

そこで骨盤や姿勢のゆがみをとっていくことにより筋肉の硬さをとっていく必要がありま

 

す。

 

当院では体に負担の少ない姿勢矯正を行い、姿勢の歪みを整えて正しい位置に戻すことによ

 

り、筋肉の負担を減らし柔軟な筋肉に戻していく根本治療を行っています。

 

運動時の臀部の痛みが気になる方は当院に遠慮なくご相談ください。

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976