岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

テニス肘について

いつもご愛読いただきありがとうございます。

 

中村整骨院の諸岡です。

 

 

 

皆さんは手首を起こす、強く手を握る、雑巾を絞ることで肘の外側が

 

 

痛むことはありませんか?

 

 

それはテニス肘かもしれません。

 

 

テニス肘とは中年以降のテニス愛好家に多いためテニス肘と言われて

 

 

いますが、実際にはテニスなどのスポーツ以外の仕事や日常因でも起

 

 

こりえます。

 

 

 

テニスによる痛みとしてラケットを振る動作が何度も繰り返すこと、

 

 

特にバックハンドストロークで打つときに強い痛みを感じます。

 

 

腕の酷使によって肘の付け根部分である腱に過度なストレスが加わり

 

 

細かい傷や炎症が起こることによって痛むとされています。

 

 

基本的に筋肉の疲労によって起こっているため腕を休ませることが大

 

 

切となります。

 

 

また、普段の姿勢が歪んでいると筋肉にストレスが溜まりやすく肘の

 

 

負担が増えより痛みが出やすくなるので、姿勢を整える必要がありま

 

 

す。

 

 

 

当院では体に負担が少ない姿勢矯正を行い、筋肉に負担を減らすこと

 

 

で日頃の痛みを少なくする根本治療を行なっています。

 

 

 

肘の外側による痛みことでお悩みの方はご相談ください。

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976