岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

梨状筋症候群と坐骨神経痛

セミが鳴き始めめっきり夏らしくなってきた今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

中村整骨院の齊藤です。

 

皆さんは、中腰の姿勢でお尻が痛い、長時間の運転がつらい、ふとももの裏がしびれるなど

 

の症状はありませんか?

 

それは梨状筋症候群の症状かもしれません。

 

梨状筋症候群はお尻にある梨状筋という筋肉が何らかの理由で硬くなり、その下を走る坐骨

 

神経やその他のお尻の神経を圧迫し、お尻からふとももにかけてしびれや痛みなどの神経症

 

状がでるものを言います。

 

梨状筋症候群の原因は、運動や骨盤、姿勢の歪みなどにより梨状筋が長時間にわたり収縮す

 

ることにより坐骨神経が圧迫されたり、長時間座っていると梨状筋が圧迫されその結果坐骨

 

神経が圧迫されたりして症状が現れます。

 

また、反り腰の人は骨盤が前傾した際に通常の位置の時より梨状筋が引っ張られ坐骨神経が

 

圧迫される要因となります。

 

これらの原因により坐骨神経が圧迫されると坐骨神経痛が発生するため、梨状筋症候群は坐

 

骨神経痛の原因の一つとなります。

 

よって梨状筋症候群の痛みやしびれをとっていくためには不良姿勢による骨盤や背骨の歪み

 

をとっていき、臀部にかかる負担を減らして筋肉を弛めていくことが大切になってきます。

 

 

当院では体に負担の少ない姿勢矯正を行い、背骨や骨盤の歪みを整えて、姿勢を正しい位置

 

に戻すことにより、臀部の筋肉を弛め、神経の圧迫を減らすことにより症状を改善していく

 

根本治療を行っています。

 

お尻の痛みやふともものしびれが気になる方は当院に遠慮なくご相談ください。

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976