岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

坐骨神経痛

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

中村整骨院野嶋です。

 

みなさんは太ももやふくらはぎ、足先にビリビリとした痺れなどを感じたことはありません

 

か?

 

それは坐骨神経痛かもしれません、

 

 

坐骨神経は人体のなかでもっとも太く、長い末梢神経で、腰のあたりから爪先まで

 

伸びています。

 

 

この坐骨神経が圧迫されるなどの刺激を受けると、腰や腎部(尻)、 太もも、ふく

 

らはぎや足の先などに、鋭く、電気が走ったような痛みや、 ピリビリとしたしび

 

れ、強く張っている感じ、などの症状が生じます。これが坐骨神経痛です。 

 

 

それでは、坐骨神経痛の原因となる主な疾患には、どういったものがあるのでしょ

 

うか。

 

 

腰椎椎間板ヘルニア

 背骨は、椎体という骨によって構成されています。この椎体と椎体の間には、

 

クッションの働きをする椎間板という軟骨があります。この椎間板がはみだした

 

り、飛びだしてしまうのが椎間板ヘルニアで腰部の椎間板で起こると、神経を圧迫

 

し、坐骨神経痛を起こしてしまいます。

 

腰部脊柱管狭窄症

 

脊柱管は背骨の中央にあり、脊髄とそれに続く神経が通っています。この脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症で、腰のあたりで発症すると、腰部脊柱管狭窄症となります。

 

腰部脊柱管狭窄症を発症すると、馬尾神経を圧迫し、腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こします。

 

坐骨神経通を改善する方法としては、なるべく重いものは持たない、長時間同じ姿勢をとらない、激しい運動は避ける、肥満しているようであれば減量する、安静にしている、

 

腰周辺の筋肉をつけるといったことが挙げられます。

 

太ももやふくらはぎ、足先のしびれでお困りの方はお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976