岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

投球時の肩の痛み

暑くなってきてつばめが飛び交う今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

中村整骨院の齊藤です。

 

皆さんは、投球動作で肩が痛くなったり遠投ができなくなったりすることがありませんか?

 

それは野球肩かもしれません。

 

野球肩はほとんどが使い過ぎが原因で起こります。

 

投球動作は全身運動で、下半身の筋力が腕に伝わることで肩に相当な負担がかかるので周囲

の組織は傷つきやすくなります。

 

特に投球数の多いピッチャーに多くフォームが合わない、無理なピッチングを続ける、投球

数が限界を超えた練習などにより障害を起こしやすくなりってきます。

 

種類もいろいろあり、インピンジメント症候群やリトルリーグショルダー、関節唇損傷など

が代表的です。

 

初期の段階では運動後の痛みがメインですが、症状が進行すると少し動かすだけで肩や腕に

痛みが走ったり、肩に腫れや熱が発生したりします。

 

使い過ぎが原因なので放置して練習を続けると良くならず悪化し続けます。

 

そのまま症状が淫行すると筋腱の断裂や疲労骨折などが起こり、結局競技に復帰するのに時

間がかかったり選手生命を縮めることになります。

 

初期の段階の治療では安静にするのが重要となり、炎症を抑えるためにアイシングをしたり

ハイボルト治療を行っていきます。

 

また、筋肉の硬さを取ってスムーズな投球動作を行えるようにするためには、体幹を鍛え姿

勢を正しく矯正していくのが効果的です。

 

当院では体に負担の少ない姿勢矯正を行い、骨盤や背骨の歪みを整えて、姿勢を正しい位置

に戻すことにより、筋肉への負担を減らし痛みを取っていく根本治療を行っています。

 

それに加え、筋肉の炎症を抑え痛みを取っていくハイボルト治療と筋肉の傷の再生を促す超

音波治療を同時に行うコンビネーション治療器も導入しています。

 

投球時の肩の痛みなどでお悩みの方は当院に遠慮なくご相談ください。

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976