岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

パソコン作業で酷使する「手首」

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

中村整骨院の岩田です。

 

デスクワークが中心の仕事をされていて、いつの間にか 「手首」 を痛めていたという経験

 

のある方は多いと思います。

 

 

パソコンの入力業務など毎日長時間繰り返し同じ動作を行うことで、手首に大きな負担がか

 

かり慢性的な手首の障害を引き起こしています。

 

 

パソコン使用時に悪姿勢になり、肩や首周りの血行が悪くなった状態で手首を起こして指を

 

酷使すると、手根管症候群を引き起こす恐れがあります。

 

 

急性期にシビレや痛みが明け方に強くなるのが特徴で、手を振るとシビレや痛みが緩和する

 

ことがあります。

 

 

対処法としては、まずは安静にして、過度な使用を避けるようにします。キーボード入力や

 

マウス操作時には、専用のリストレストや丸めたタオルを置いて、手首を真っ直ぐに保つよ

 

うにすると良いでしょう。

 

 

可能であればパソコンを使う時間を減らし良い姿勢を保ち手首を曲げたままにしないこと

 

で、神経への圧迫を減らしましょう。

 

 

酷くなると手術が必要になるケースもあるので、早めに改善・予防に取り掛かりましょう。

 

 

 

手首や肘の痛みでお困りの方は、お気軽にご相談ください〜

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976