岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

寒さと坐骨神経痛

そろそろ冬物の服が活躍し始める今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

中村整骨院の齊藤です。

 

皆さんは長い時間立っていたり座り続けるのがつらかったり、歩くと足が痛くなってきて休むとまた歩けるようになったりなどはありませんか?

 

それは坐骨神経痛かもしれません。

 

坐骨神経はおしりから足のほうまで走っている神経で途中脛骨神経と総腓骨神経に沸かれながらも足の指まで伸びています。

 

この神経に何らかの問題が生じると通り道であるおしりから足にかけて痛みが発生します。

 

坐骨神経痛の主な原因は腰部の脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどがあるが、骨粗しょう症や腰椎分離症、すべり症などいろいろな原因で発生します。

 

まだ、寒くなってくると神経痛はきつくなります。

 

体が冷えることにより血管や筋肉が収縮し神経を圧迫しやすくなるためです。

 

この場合はお風呂で温めてあげたり蒸しタオルを腰に当ててあげたりすると楽になることがあります。

 

そして、体のずれを取っていくことにより筋肉を弛め神経にかかっている圧迫を軽減し症状を軽くしていくことができます。

 

当院では骨盤矯正を行い、骨盤の歪みを整えて姿勢を良くし、体の負担少なく筋肉の緊張や血液の流れを改善していく根本治療を行っています。

 

寒くなると坐骨神経痛がつらくなるお困りの方は当院に遠慮なくご相談ください。

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976