岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

腰痛を抱えた方にお聞きします

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

中村整骨院の岩田です。

 

あなたは「立ち姿勢」と「座り姿勢」のどちらが辛いですか?

 

人間が二足歩行を行うなかで、椎間板には姿勢に応じてかなりの負担がかかります。例え

 

ば、同じ姿勢を続けたり、急激に圧力がかかる姿勢をとったりすると、腰痛を引き起こす原

 

因となってしまいます。

 

 

私たちは日々、立ったり座ったり歩いたりという基本動作のほかに、前屈みになったり後ろ

 

を振り返ったりと様々な動作をしています。

 

では、どのような姿勢をとると腰への負担が増えるかですが・・・

 

 

 

 寝姿勢 < 立ち姿勢 < 座り姿勢  

ということになります。

 

意外(?)に思う人が多いかもしれませんが、立ち姿勢よりも座り姿勢の方が腰にかかる圧力

 

は強く、負担がかかることになります。

 

座り姿勢を続けることは、腰回りの筋肉が硬くなり、血管を圧迫して血の巡りが悪くなり、

 

疲労物質や老廃物が溜まりやすくなります。また、骨盤を徐々にゆがめ、椎間板に過度の圧

 

力が加わることから腰痛を発生させやすくなります。

 

 

 

長時間座りっぱなしにならないようこまめに休憩を取り入れ、身体を動かして筋肉の疲労が

溜まらないようにしてあげましょう!

 

腰痛でお困りの方はお気軽にご相談ください〜

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976