岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

「外反母趾の種類」

こんにちは。中村整骨院の上田です。

 

外反母趾の主な原因は足底アーチの乱れにより正しい歩行ができなかったり、全身のバラン

 

スの乱れによる足底にかかる重心のずれが、外反母趾の原因となります。

 

 

ですから、ヒールを履かない女性や男性にも起こります。

 

女性に多いのは、体質的に関節が柔らかいことと、筋力が弱いので外反母趾になりやすい上

 

に、足に合わない靴やハイヒールを履く機会が多いためだと考えられます。

 

 

 

外反母趾の種類

 

1)靭帯が緩むタイプ

足裏の横アーチの靭帯が緩んた為に、ベターっと広がった足となり、親指の付け根の骨が外

 

に広がります。親指をしっかり使うことが出来なくなり、どんどん症状が進みます。親指の

 

次に、小指の方の付け根も外側に開き、指先が内側に曲がる、外反小趾になる場合もありま

 

す。

 

運動不足や加齢による筋力の低下が原因と考えられます。

 

また、小さい頃にあまり運動をしなかったり、安全な平らな場所ばかりを歩いていたため

 

に、足裏のアーチがきちんと形成されなかったことも大きな原因です。

 

 

2)仮骨タイプ

親指そのものはあまり曲がっていないのに、親指の付け根の骨が異常に発達して外側に張り

 

出した状態です。

 

親指を浮かせて親指の付け根で歩いていると、付け根の部分の骨が発達してしまいます。

 

親指を上げるクセがあったり、合わない靴が脱げないように親指に力を入れて歩くのが習慣

 

になっている人に起こります。

 

 

3)混合タイプ

上記の、1)靭帯性外反母趾と、2)仮骨性外反母趾が混ざった症状です。

 

中高年の方に多く見られ、最初は、靭帯性か仮骨性のどちらかの症状から始まり、次第にも

 

う一つのタイプが合併してしまうのです。

 

4)病変性タイプ

リウマチやへバーデン結節などの病気で、足の関節が曲がってしまう症状です。

 

原因はその病気にありますので、他の外反母趾とはまったく違うタイプです。

 

 

お体の不調や痛みでお困りごとがございましたら、お気軽にご相談くださいね。

 

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976