岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

熱中症対策と冷え

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

 

中村整骨院の岩田です。

 

みなさん、暑い日が続いていますが、体調はいかがでしょうか?熱中症対策で帽子をかぶっ

 

たり、水分補給をしたりと気をつけておられる方も多いかと思います。夏は、熱中症だけで

 

なく、冷房病についても知っておく必要があります。

 

冷房の効いた室内にいると、体内の熱が逃げすぎて足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食

 

欲不振、神経痛、下痢、不眠など・・・「冷え」によって起こる様々な症状が冷房病と言わ

 

れています。

 

 

冷房病への対策

 

エアコンの使い方もふくめて、食事、運動など、予防や対策のために、まずご自分の生活を

 

見直してみてはいかがでしょうか。

 

エアコンの標準的な設定温度は、25~28℃が良いとされています。ただ体感温度は人に

 

よって違うので、「寒い」と感じない温度が基本となります。

 

冷房病や冷え性を予防するには、「体の芯(中心部)を冷やさないこと」が大切です。その

 

意味で食べ物や飲み物は、重要な意味をもっています。エアコンのきいた場所では、少し汗

 

ばむくらいの温かい食べ物をとるようにしましょう。

 

冷えをもっとも感じやすいのは足先です。1時間に一度くらいは少し歩いたり、軽い屈伸運

 

動をすることで、足先の血液の流れが改善されます。入浴も、冷房病や冷え性の予防に効果

 

があります。夏はついシャワーだけで済ませたくなりますが、お湯につかると足が温まるだ

 

けでなく、水圧によって血流もよくなります。

 

 

それでも改善されない足腰のだるさや痛み、肩こりなどでお困りの方はお気軽にご相談くだ

 

さい〜

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976