岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

「足のアーチと姿勢」

こんにちは。中村整骨院の上田です。

 

足のアーチ(土踏まず)、ありますか?

 

赤ちゃんの足の裏は、ふわふわプクプクしていて土踏まずがありません。

 

歩き始めた頃から形成され始め、4歳くらいに土踏まずが出来あがります。

 

足の裏には、3つのアーチがあり、それぞれとても大切な役割をしています。

 

直立歩行する人間は、 足の裏には全体重がかかるので、その加重を吸収・分散するためのクッショ

 

ンの役割と、スムーズに歩いたり走ったりするためのバネの役割です。

 

足底アーチが少ない人(偏平足)、逆に多すぎる人は、足底で衝撃の吸収がきちんとできないため

 

に、足首や膝関節や腰に負担がかかります。

 

そして、 歩きにくく、疲れやすくなります。

 

足にタコやウオノメが出来たり、足底痛などの筋肉の炎症や、外反母趾になることも多いです。

 

足底アーチと背骨の生理的湾曲(S字カーブ)は密接な関係があり、足底のアーチが崩れている人

 

は、身体のS字カーブも崩れています。

 

足底アーチは、全身に関係するのです。

 

足底アーチをしっかりと作るには、アーチが出来始める赤ちゃん頃のにしっかりと土台を作ること

 

(ハイハイをたくさんさせ、股関節を安定させる)、小学生(6歳~12歳)の時に、きちんと足指

 

を使って歩いたり走ったり、運動をたくさんすることが大切です。

 

子どものときに、たくさん運動したかどうかによって、その後の足底アーチに影響が出るのです。

 

足は、大小28個の骨から出来ていて、それぞれが関節でつながっています。

 

関節は、靭帯や筋肉によって支えられているので、筋肉がきちんと発達しなければ、キレイな足底

 

アーチはできないのです。

 

しかし、一度アーチが出来ても、その後の体の状態によって崩れてしまうこともあります。姿勢の悪

 

さからくるバランスの崩れや、運動不足による筋力の低下などです。

 

足底アーチを保つには、体のS字カーブを正常にすること、適度な運動をして筋力を保つことが大切

 

です。

 

お体の不調や痛みでお困りごとがございましたら、お気軽にご相談くださいね。

 

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976