岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

「起立性調整障害と足の裏」

こんにちは。中村整骨院の上田です。

 

最近、長い時間立っていると気分が悪くなったり、倒れてしまう子どもが増えています。

 

起立性調整障害と診断されることが多いようですが、このような症状の子どものほとんど

 

は、足の裏に異常があります。

 

2本足で立つのに一番重要な足がきちんと出来上がっていないのだから、長い間立っていら

 

れないのは当然です。

 

また、足の裏が不安定だと、身体も歪みますので、立っているとき意外でもいろいろなとこ

 

ろに不調が現れます。

 

猫背の子どもは要注意です。

 

猫背だと体重が踵によってしまうので、足の指が浮いたような状態になっています。

 

本来、歩いたり走ったりするときは、足指を使って蹴りだすのですが、それが上手にできな

 

いので、足の裏全体でペタペタと歩くへんな歩き方になり、走るのが苦手な子が多いです。

 

また、猫背だと、肩が前側に巻き込んでいるために、胸が圧迫されて呼吸器に影響が出た

 

り、胃が弱いなどといった内臓の不調や、肩こり・頭痛なども起こしやすくなります。

 

赤ちゃんの時はみんなO脚なのですが、股関節、足の裏がきちんと発達すると真っ直ぐに

 

なってきます。

 

それが、いつまでたってもO脚のままだったり、逆にX脚になる場合は注意です。

 

足が歪んだまま成長すると、必ず全身も歪みますから、しっかりとチェックしてあげてくだ

 

さいね。

 

 

出来るだけ早く体の歪みを整え、骨盤を整えると、体全体の体調が良くなってくるのがわか

 

ると思います。もちろん、膝関節の可動域も広がります。

 

普段の姿勢を見直して、矯正した体を維持できるようにして下さい。

 

当院では骨盤矯正もございますので、気になる方は相談して下さい。

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976