岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

「変形性膝関節症の症状」

こんにちは。中村整骨院の上田です。

 

変形性膝関節症とは、加齢とともに軟骨がすり減り、膝関節の隙間が狭くなると、関節の可

 

動性が悪くなってきます。

 

曲げ伸ばしがしづらく、正座ができなくなります。

 

さらに進んで軟骨がほぼなくなり、骨同士が直接こすれるようになると、激しい痛みが起こ

 

り、歩くのが困難になります。

 

骨同士がこすれることで、骨にギザギザができたり、こすれて欠けた骨が関節の間に挟まっ

 

て、膝が動かせなくなることもあります。

 

骨がこすれ合うくらいの状態になると、変形性膝関節症と病名が付くことが多いです。

 

変形性膝関節症の症状は、次の動作をするときに、痛みがあったり違和感を感じます。

 

椅子から立ち上がる時

 

階段を降りる時

 

床から立ち上がる時

 

歩き始め

 

長い時間、歩いた後など

 

初期は、膝の違和感や筋肉の張り程度から始まります。この頃は、特に病名は付かず、「軟

 

骨が減っている状態」と言われることが多いようです。

 

じわじわと進行し、軟骨や半月版が摩耗して、膝関節が正常な動きができなくなると「変形

 

性膝関節症」となります。

 

 

更年期の女性に多く見られます。

 

炎症によって膝関節が腫れたり、関節内に水がたまることもあります。 悪化すると外科的

 

手術を行う場合もあります。

 

膝の使いすぎによる靭帯や筋肉の炎症は、運動中や運動後に違和感や疼痛を感じます。

 

症状が軽ければ、運動をやめれば痛みも消えますが、ひどくなると、運動後もなかなか痛み

 

が引かなくなります。

 

事故などによる膝の障害は、主に、内側側副靱帯損傷、前十字靱帯損傷、半月板損傷などで

 

す。

 

損傷したときは、強烈な痛みがあり、歩けなくなることが多いです。内出血を起こしたり、

 

水が溜まって腫れることもあります。

 

膝の損傷は、初期のうちにきちんとケアをしないと、慢性化し、その運動が出来なくなって

 

しまうばかりか、後に変形性膝関節症に移行してしまう場合もありますから、注意が必要で

 

す。

 

左右の使い方に偏りや癖があると、関節に歪みが生じて、胴体までが歪んでしまうのです。

 

当院では骨盤矯正もございますので、気になる方は相談して下さい。

 

 

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976