岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

「腰部脊柱管狭窄症」

こんにちは。中村整骨院の上田です。

 

時々、腰や足にしびれや痛みを感じる、特に歩き始めると足のしびれや痛みが強くなって歩

 

きにくくなる、あるいは背筋を伸ばして立っていると腰から太もも、ふくらはぎのしびれや

 

痛みが強くなり立っていられなくなる、また前かがみの姿勢で休むと楽になるといった症状

 

に心当たりはありませんか?

 

これらの症状は 腰部脊柱管狭窄症によくみられる症状です。

 

腰部脊柱管狭窄症はあまり聞き慣れない病名ですが、人口の高齢化とともに国内で急速に増

 

え続けている高齢者に多い病気の1つです。

 

歳をとるとほとんどの人の背骨に老化による変形がみられるようになります。これが腰部脊

 

柱管狭窄症の大きな原因です。

 

狭窄すると中に収まっている馬尾や神経根、あるいはそれらの神経に血液を送り届けている

 

血管が圧迫されます。物理的な圧迫や血流障害によって神経の働きが阻害され様々な症状が

 

起こります。

 

 

坐骨神経痛は、その代表的な症状の1つです。

 

坐骨神経は腰椎の神経根が何本か集まって下半身に伸びている為、腰の部分で圧迫による障

 

害を受けると下半身に症状が現れるのです。

 

また、しばらく立っているだけで太ももからふくらはぎにかけてしびれや痛みを感じる、な

 

ども腰部脊柱管狭窄症の症状です。

 

 

そのほか排尿障害、便秘、勃起障害と言った一見、腰とは関係なさそうに思える症状も腰部

 

脊柱管狭窄症で現れる事があります。

 

普段の生活で症状が出やすい姿勢は、洗濯物を干す時に背筋を伸ばしたり、通勤時に立ち通

 

し、仰向けで寝る、などです。

 

予防には、日常生活で腰に負担をかけない工夫をすることが大切です。

 

 

椅子に座る時に背もたれに寄りかかり膝関節を十分に曲げ、肘掛けに腕を乗せてみましょ

 

う。

 

寝る時は仰向けの場合、膝の下に座布団やタオルなどで厚みをつくり負担を減らし、横向き

 

に寝る時は、背中を丸めて寝て下さい。

 

当院では上記の症状でお困りの方にたくさんご相談を頂き、ご来院されておりますので、遠

 

慮なくご相談して下さい。

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976