岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

「へバーデン結節」

こんにちは。中村整骨院の上田です。

 

ヘバーデン結節は指の第1関節の部分がコブのように腫れ変形し、針を刺したような痛みを伴い、女性に起

 

こることが多い疾患です。

 

 

特にカルシウム不足が関係しています。

 

指の使い過ぎでなりやすい傾向がありますが、それに加えて、カルシウム不足によって骨から溶け出したカ

 

ルシウムが指関節に徐々に沈着・石灰化し、関節の変形が起こり神経を刺激することが原因であると言われ

 

ています。

 

カルシウムは他の栄養素と同様に食品から摂りますが、体内のカルシウムが不足すると生命維持のために骨

 

からカルシウムが過剰に溶け出し、細胞内に必要以上に存在するようになり、指の関節に沈着を起こすので

 

す。

 

 

・食生活を見直し

 

人間の体は食べ物で造られています。カルシウム不足が大きな原因の一つですから、まずカルシウムを多く

 

含む食品の摂取を心がけることが大切です。

 

同時に、吸収を高めるビタミンDを多く含む魚類、キノコ類も摂るようにしましょう。また、体内のカルシ

 

ウムを排出する作用のあるリン酸を多く含む加工食品やインスタント食品、スナック菓子などの取り過ぎに

 

も注意が必要です。また、へバーデン結節は、女性の特に閉経後の方に多い疾患ですので、女性ホルモンの

 

関係があると言われています。

 

女性ホルモンはカルシウムを骨に届ける作用がありますので、女性ホルモンに似た作用のあるイソフラボン

 

を多く含む大豆食品などを積極的に摂るようにしましょう。

 

お体の不調や痛みでお困りごとがございましたら、お気軽にご相談くださいね。

 

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976