岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

「モートン病」

「モートン病」

 

こんにちは。中村整骨院の上田です。

 

モートン病は足の病気の一つで、主な症状は、足の指の間、特に第3-4指の間のしびれ、痛

 

み、焼けるような痛みなどの様々な神経症状が出現します。

 

この原因としては、立ち仕事、工場内で日に何万歩も歩く、ハイヒールの常用など、足の前

 

部分に沢山荷重することが多いことや、つま先立ちをする格好が長時間続くと起こりやすく

 

なります。

 

つまりは、足の指の付け根の骨、中足骨といわれる部位に、沢山負担をかけすぎることで生

 

じる病気です。

 

大体は保存的な治療法で、足の柔軟性や筋力をつけることをしたり、足底板という特殊な靴

 

の中敷きを使用することなどがあります。

 

 

 

最も重要な点は、①足の機能を正確に把握すること、②履物の適合性を知ることです。

 

残念ながら日本の文化としては、足のケアや履物に対して、非常に意識が低いのです。

 

 

最後に足指ストレッチの1つを紹介します。

 

①足の指の間に手を入れ込み、足の指の間を広げる(奥までしっかりいれる)

 

②そのまま上下に手を10回ずつ動かす。足首は固定したまま指のみストレッチする。

 

③そのまま手を10周ずつ回す。

 

 

当院でも同じ足の悩みで来院された方が楽になっておられます。

 

 

同じような足のお悩みごとがありましたら、お気軽にご相談くださいね。

 

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976