岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

「手根管症候群」

こんにちは。中村整骨院の上田です。

 

手根管は、手首の手のひら側にあり、骨や靱帯で囲まれた親指ほどの太さの狭いトンネルで

 

す。このトンネルを「正中神経」と呼ばれる神経と、指を曲げる腱が通っています。

 

症状は親指、人差し指・中指などのシビレや痛み、親指の筋力低下などがあります。シビレ

 

は、明け方に起こることが多いですが、使わないで休めていても、逆に、手作業をしていて

 

も起こる場合があります。

 

原因は同じ動作の繰り返し、妊娠によるむくみ、骨折や腫瘤による手根管内の圧迫により起

 

こります。痛みやシビレの症状は、手を振ったり指を動かすことで一時的に良くなることが

 

ありますが、これは、手根管内で傷んだ神経が、動かすことで循環が良くなったり、圧迫が

 

一時的に軽減するためです。

 

一般的には装具やサポーターでの安静がよいとされていますが、日常生活ではしびれを気に

 

せず、積極的に使うことが大切です。また、手根管内を腱が通るので、その筋肉の柔軟や運

 

動などが有効です。その他、内服やステロイド注射を併用する場合もあります。

 

 

 

「手首のストレッチ」

 

腕を肩の高さに上げて各動作を10秒ほど保持する(3セット)

 

①親指を中にして握り、手首を小指側へ曲げる。

 

②手首と指を下に曲げ、反対の手で手前に引く。

 

③手首を反らして壁に固定し、反対の手で上から押す。

 

 

 

日常生活での工夫も大切です。

 

・包丁やフライパンなどを使う時は両手で操作する。

 

・パソコンのキーボードを打つ時は、手首の下に丸めたタオルなどを敷き、手首をまっすぐ

 

に保つ。

 

・タオルを絞る時は、タオルの片方を蛇口にからめて、別の片方を両手を使って絞る。

 

 

 

お体の不調や痛みでお困りごとがございましたら、お気軽にご相談くださいね。

 

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976