岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

「反張膝とは」

こんにちは。中村整骨院の上田です。

反張膝とは過伸展で、膝が奥に入ってしまっている状態です。

・チェック方法

 

壁に頭からかかとをつけて立った時に、ふくらはぎがベターと着く人。

長座で座って、膝を伸ばした時にかかとが浮ている人。

 

反張膝の原因は、骨盤というより、前腿の過緊張です。

 

大腿四頭筋が発達し、収縮することにより膝が奥に入ってしまうのです。

 

バレーや新体操をしていた人

 

ヒールをよく履く人

 

大腿四頭筋に力が入りやすい人

 

脚で立とうとする人

 

捻挫をしたことがある人(足首の可動域が狭い人)

 

・反張膝による恐れ

 

膝が曲がって欲しくない方向に曲がっている状態が、反張膝です。

膝を痛めることは想像ができますね。

また、O脚も加わり、変形性膝関節症を引き起こします。

 

膝の位置が悪くなれば、股関節のハマりも悪くなったり腰痛や坐骨神経痛なども引き起こます。

そして痩せにくい体質にもなります。

・改善方法

 

大腿四頭筋をほぐすこと

 

足関節のトレーニングをすること

 

中臀筋を鍛えること

 

ヒールの靴はなるべく避けること

 

立つ時は脚ではなくお腹で立つことを意識すること

 

今、立っていることが多く、意識はしているものの、他のことに注意がいって身体がダラけることがあります。

 

そうなると、脚の外側に力が入り、脚が開いた状態になってしまいます。

座っている時は意識出来ているのに、立位になると膝をロックし大腿四頭筋で立ってしまう。

または、何かに寄りかかるように立ってしまう。

内転筋や腿の裏側はお休みしている状態で、大腿四頭筋や腿の外側だけが踏ん張り身体を支えているのです。

立位の時こそ、脚を閉じて立って下さい。

歩く時、ただ立っている時。

内転筋を意識し、お尻の穴を締めて下さい。

そして大腿四頭筋ではなく、内転筋や中臀筋を使って立てるように意識改革が必要なのです。意識で身体は変わります。

お体の不調や痛みでお困りごとがございましたら、お気軽にご相談くださいね。

 

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7

グランディール北嶺1階

TEL075-721-4976