岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

「テニス肘」

こんにちは。中村整骨院の上田です。
テニス肘の正式名称は「上腕骨外側上顆炎」と言いい、多くはテニスのバックハンドをする際に痛くなることからこの名称を付けられました。
手の平を上に向けた状態で肘の外側にある骨の出っ張りを”外側上顆”、内側にある出っ張りを”内側上顆”といいます。外側上顆は多くはテニスをするこ
とで痛みが出ますが、内側上顆は野球の投球動作のときやゴルフのスイング時に痛みが出ることが多くみられます。
テニス肘は手首を手の甲側に向けて曲げたり肘を伸ばしたりすると症状が出やすいです。これは外側上顆から手の先の方に付いている筋肉「前腕伸筋
群」に負担がかかっているからです。多くの原因は使いすぎ(オーバーユース)です。ただ肘はなかなか使わないわけにはいかない関節ですので、きち
んとした施術が必要となってきます。
テニス肘は先ほどお伝えしたように原因は「使いすぎ」です。テニスの練習を酷使しすぎて肘を痛める方は多くおられます。ですが、痛める原因はテニ
スだけではありません。日常生活の些細な動作で痛みを出すことも多々あります。
・デスクワークを頑張っている方
お仕事でパソコンをよく使う方や書き物をよくされる方はなりやすいです。パソコンのタイピング動作は前腕伸筋群をよく使います。字をよく書く動作
も前腕伸筋群を使って力を入れます。知らず知らずのうちに酷使をしているということです。
・スマートフォンをよく触る方
今やスマホがないと生活できないです。老若男女問わずスマホは使われています。このスマホの使いすぎも肘に影響を与えてしまいます。スマホを持っ
ていると落とさないように手全体でしっかり支え、親指を小刻みに動かします。この動きの蓄積で負荷をかけてしまいます。
・家事、育児に奮闘中の方
重たい鍋を持ったり、フライパンを振ったり、雑巾絞りをしたりする主婦の方。全く休むことができません。このような小さな動きの積み重ねで痛みを
出してしまいます。
特に起きやすいものを挙げましたが、それ以外にも起こすものはあります。肘を使っている意識はなくても小さな動きの積み重ねで起きてしまいます。
日々の生活の中で何か原因があると思います。お体の不調や痛みでお困りごとがございましたら、お気軽にご相談くださいね。
中村整骨院
京都市左京区岩倉三宅町7
グランディール北嶺1階
TEL075-721-4976