岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

靴の外側ばかりが減る?

おはようございます! 中村整骨院 竹林です!

 

先日、患者様からとお話していた中で

 

シェアしたいお話がありました。

 

その患者様は

 

「足の親指と人差し指が、上手く使えてないって、病院で言われた」

 

と、仰っていました。

 

 

では何故、足の親指と人差し指が上手く使えてないのでしょうか?

 

 

それは、

 

 

O脚(がに股、外股)になってしまっているからです!

 

 

O脚になる原因は、様々ありますが

 

主な原因としては

 

骨盤が外に開いてしまっている事があります。

 

 

骨盤が外に開いていると、その骨盤に繋がっている

 

太ももの骨、ふくらはぎの骨、足先の骨などの、骨も外向きになってしまいます。

 

 

確認する方法は、とても簡単で

 

歩いている時の膝のお皿の向き

 

つま先の向きを確認してみてくださいね。

 

 

このふたつの向きが、外側を向いていると

 

多くの場合で骨盤も外に開いてしまっています。

 

 

骨盤が外に開き、O脚になってしまっていると

 

足の裏全体が地面に着かずに、足の外側ばかりを使ってしまいます。

 

 

そのため、足の親指や人差し指が上手く使われずに、筋肉が弱ってきてしまい

 

そこから、膝痛や腰痛、肩こり、首こりにも繋がってきてしまいます。

 

 

このような場合は、膝痛や首や肩のコリでも、原因は骨盤にあるため

 

他の筋肉や関節に対してマッサージをしたり、ストレッチをするだけでは、残念ながら根本的な解決にはなりません。

 

 

その場は良くてもまたすぐに痛みが出てきてしまいます。

 

 

そのため、必要になってくるのは

 

 

骨盤矯正です!

 

 

骨盤矯正をして、根本原因から取り除いていくことが大切になってきます!

 

 

当院でも、骨盤矯正を施術に取り入れており、根本原因から体を良くすることを心がけています。

 

 

患者様の体に負担なく、安全な矯正の方法なので、小さなお子様からご年配の方まで

 

 

幅広い年代の方に、矯正を受けていただけます。

 

 

マッサージやストレッチでなかなか治らない痛みは、もしかしたら骨盤に原因があるのかもしれません。

 

 

些細なことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談くださいね!

 

 

 

中村整骨院
京都市左京区岩倉三宅町7
グランディール北嶺1階
TEL075-721-4976