岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

高血圧とミネラル

寒さも少し落ち着いてきましたが、皆様にいかがお過ごしでしょうか。
中村整骨院の齊藤です。
寒くなると特に気を付ける必要が出てくるものとして高血圧があります。
高血圧の予防として塩分を避けるというものがあります。
塩分、つまりは塩化ナトリウムが体内に入ると血圧は上がります。
塩化ナトリウムは塩化物イオンとナトリウムイオンでできており、このうちナトリウムが細胞内に増えるとこれを薄めようと水分を増やし、結果血液量が増え血圧が上がります。
ナトリウムとは逆にカリウム、マグネシウム。カルシウムは血圧の上昇を防ぐミネラルです。
カリウムは細胞内のナトリウムを捨て尿からのナトリウムの再吸収も阻害するので血圧をあげる原因のナトリウムを体内から減らし、血圧を下げます。
マグネシウムも細胞内からナトリウムを捨てる効果があるとともにカリウムの調整や動脈を広げて血圧を下げます。
カルシウムは不足すると血圧が上がるタイプで不足すると骨などから血中にカルシウムを補給しカルシウム濃度が上がり、カルシウムには血管を収縮させる機能があるので血圧が上がるので、カルシウムを摂取することで血圧の上昇を防げます。

これらのミネラルは大豆製品や乳製品、バナナ、アボカド、ブロッコリー、にんじんなどの野菜や果物、アーモンドなどのナッツ類、いわし、しらす干しなどの小魚類等に多く含まれています。
個人的おすすめは食べやすいバナナや無塩のアーモンドです。

ただし特にカリウムは取りすぎもよくないのでサプリメントなどではなくきちんとした食事からとるようにしましょう。
何事も過ぎたるは猶及ばざるがごとしです。

高血圧対策として減塩とともにこれらのミネラルもとるように心がけていきましょう。

中村整骨院
京都市左京区岩倉三宅町7
グランディール北嶺1階
TEL075-721-4976