岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

快適な湿度ってどれくらい?

快適な暮らしには湿度コントロールが必要だといわれますが、快適な湿度っていったいどのくらいでしょう。

湿度とは、空気中に含まれる水分量を指す数値です。

人間が「暖かい」「寒い」と感じる根拠は温度だけではなく、湿度も大きく関係しています。

湿度が上がると汗が蒸発しないので体感温度は高くなり、逆に湿度が低いと微量の汗も蒸発してしまうので、気化熱を奪われて寒く感じるといわれています。

また一般的に室内における快適な温度と湿度はこのくらいだといわれています(^^)

夏期 : 温度25~28℃・湿度55~65%
冬期 : 温度18~22℃・湿度45~60%

湿度が低すぎると、肌や粘膜が乾燥してインフルエンザウイルスなどに感染しやすくなってしまいます。

冬になると寝起きにのどが痛くなったりするのも、空気が乾燥しているのが原因の1つです。

逆に湿度が高すぎても、食中毒の原因になる菌やカビが繁殖しやすい環境になります。

快適かつ健康的な環境を維持するには、1年間を通じて50~60%を維持するのを目指すのがベストなのかも知れませんね!

にしがも整骨院
京都市北区大宮北椿原町30-2
TEL075-495-8080