岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

冬場の高血圧に注意

寒さも急に増したように感じております、皆様いかがお過ごしでしょうか。
中村整骨院の齊藤です。
寒くなると特に気を付ける必要が出てくるものとして高血圧があります。
気温が低くなると体は体温の発散を防ごうとして血管が縮み、狭くなった分だけ血圧は上がります。
また、運動も血圧を下げるのに重要な要因の一つですが寒くなるとあまり動きたくなくなり運動も不足する方が多くなります。
さらに特に1月はお正月や新年会などで飲酒や食事による塩分摂取も増え、血圧上昇の後押しをします。
普段高血圧ではない方も冬だけは高血圧域まで血圧が上がる場合もあるので気を付ける必要があります。

特にこの時期気を付ける必要があるのがヒートショックです。
先ほど書いたように私たちの体は寒さを感じると血管を縮めて熱を逃がさないようにします。
暖かい暖房の効いた部屋から寒いトイレやお風呂場、家の外に出た時に急激に血管が縮み、その結果血圧が上がります。
そして血圧が急激に上がると脳卒中や心筋梗塞が起きると言われています。

対策としては、できるだけ暖かくして行動することです。
入浴前にシャワーを高い位置から出しておいたりして浴室を温めておくこと。
できるなら脱衣所やトイレにも暖房を入れておくこと。
夜中目が覚めてトイレに行くときの為に羽織れる上着を用意しておくこと。
朝のゴミ出しなどの時もすぐそこだからと油断せず防寒着を付けて外に出ること。特に朝は血圧が上昇し始めるタイミングなので注意が必要です。

あとは寒いトイレであまり力まないようにすること。
寒くて血管が収縮している状態で高血圧なうえで力むと脳の血管が圧力に負けて出血して脳出血を起こす場合があります。
あの有名な猛将上杉謙信もアルコールと酒の肴の塩分による高血圧に寒いトイレで脳出血を起こしたのが死因と言われています。

冬場は特に血圧に気を付けて生活するようにしましょう。

中村整骨院
京都市左京区岩倉三宅町7
グランディール北嶺1階
TEL075-721-4976