岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

「冬の乾燥対策」

こんにちは。中村整骨院の上田です。
日本の湿度は、時期によって大きく変化します。梅雨には70~80%にも上りますが、寒さが厳しくなる12~4月は10~20%にまでダウンすることも。また、冬場はエアコンを使うため室内の乾燥はより酷くなってしまいます。私たちが快適に過ごす最適の湿度は、40~60%と言われています。

空気の乾燥はさまざまな影響を及ぼします。まず一つ目は、体調を崩す人が多くなるということです。その理由は、空気が乾くと風邪やインフルエンザウイルスが繁殖しやすくなるうえに、鼻やのどの粘膜機能が低下してウイルスの侵入を防げなくなってしまうため。冬になるとインフルエンザ患者数が一気に増えるのは、この2つの理由が相互に関係しているためです。

二つ目は、肌や髪の毛の乾燥です。冬になると肌や髪がカサつくという人は多いのではないでしょうか?それは、水分は乾いている方に向かって移動する性質があるため、空気が乾燥する冬は肌や髪に含まれている水分が空気中に逃げてしまうからなのです。

乾燥によるリスクを抑えるために、加湿器を活用して湿度をキープしている人も多いと思いますが今回はどの家庭でも簡単にできる加湿方法をご紹介します。

まずは、洗濯物を部屋の中で干す方法です。洗濯は日常的に行うものですが、普段は乾燥機にかけて洗濯物を乾かしている人や、ベランダに干しているという人も多いはず。室内で干すことで、洗濯物に含まれる水分が蒸発して室内の空気を潤してくれます。

室内干しの嫌なにおいが心配…という方は、干し方のコツを2つ押さえましょう!
まずひとつは、扇風機の風を洗濯物に当てながら乾かすこと。生乾きの臭いを抑えてくれるだけでなく、早く乾くというメリットもあります。
ふたつ目は、洗濯物の間隔をできるだけ空けて干すということです。間隔を狭めて干すと、湿気がこもりやすく乾きにくくなるので、臭いの元となる雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

空気が乾いていると感じたら、霧吹きを活用するのも手。
霧吹きで、水を空中や布製品などに吹きかけると速攻で保湿効果があります。

霧吹きを掛ける布製品で、特におすすめなのがカーテンです。カーテンは広げると大きいので、まんべんなく霧吹きを吹きかけると保湿効果が期待できます。日中はレースカーテンに、夜には遮光カーテンに吹きかけると一日中加湿することができますね。

冬になると温かい飲み物が飲みたくなるもの。そこでお湯を沸かすとき、やかんにちょっと多めに水を入れて蓋をせずにお湯を沸かすと、簡単に加湿することができます。

マグカップに水またはお湯を張って自分の近くに置いておくだけでも加湿効果があります。
部屋全体を潤すには少しパワーは足りませんが、とても手軽な方法なので、とにかく加湿したいときのために覚えておくと便利です。

楽しみがたくさん詰まった冬を、元気に快適に過ごすためにも、ぜひ試してみてくださいね。

中村整骨院
京都市左京区岩倉三宅町7
グランディール北嶺1階
TEL075-721-4976