岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

冬場は乾燥しやすいのかしにくいのかどちらなのか?

寒い日が続きますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。
中村整骨院の齊藤です。
皆さま風邪はひかれていないでしょうか?
冬場は空気が乾燥しており風邪が流行りやすくなっているのでお気をつけください。
風邪の原因となるウィルスは空気が乾燥しているほど長い時間空中を舞う為、冬によく流行るようになります。

ところで、冬は空気が乾燥していると言いますが、ではなぜ洗濯ものは乾きにくいのかと疑問に思った事はないでしょうか?
それは空気に溶ける水分の量が温度によって変わるからです。
砂糖は冷たい水より暖かい水の方がよく溶けるのと同じく空気に溶ける水の量も空気が温かいほど多くなります。
洗濯物のような水分の多いものは気温が低いほどすぐに空気に溶けることができる水の量がすぐに満タンになる為なかなかかわかないのです。

それでは、逆になぜ冬場は肌が乾燥してしまうのでしょうか?
それは人間の体温で周りの空気の温度が上がるので、皮膚周りの空気は水分が溶けやすくなる為です。
冬場の空気は気温が低くて元々の水分量が少ないところに体温で温められてよく水が溶ける状態になり、近場の水分である肌から持っていってしまう為です。
また、呼吸も体温で温まった空気が体内の水分を吸収して出ていき、水分量の少ない空気を吸い込むことになるので息をするだけでどんどん体内の水分を吐き出していることになります。
つまり、暖房をつけようがつけまいが皮膚周りの空気の温度は上がるので肌は乾燥し、呼吸で水分を持っていかれることになるので、冬は汗をかかないから脱水しないという訳はなく、逆に目に見えない形で水分が持っていかれてしまうのでいつのまにか脱水症状になっている可能性があります。

出来るならば冬場は暖房で温めた上で加湿器で湿度60%辺りを保ちハンドクリームなどで肌の保湿をして水分をこまめに取るようにしましょう。

中村整骨院
京都市左京区岩倉三宅町7
グランディール北嶺1階
TEL075-721-4976