岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

寒い時期のお風呂に要注意

皆さん、次第に寒くなってきましたが、元気にお過ごしでしょうか。

この季節はお風呂にゆっくり浸かるのが楽しみになります。

そこで今回は、寒い時期の入浴時に潜む「ヒートショック」による危険についてお伝えします。

急激な温度差によって血圧が大きく変動し、血管や心臓に大きな負担がかかる危険のことです。

特に高齢者は、血圧の変動を起こしやすく、体温を維持する機能も低下していますので、脳卒中や心不全を起こす危険が高まります。

冬場は脱衣所と浴室の温度差があるため、さらに注意が必要です。

冬場の入浴時の事故を防ぐためには、居間と脱衣所と浴室の温度差をできるだけ少なくしておくことが大切です。

また、湯温は38~40℃に設定し、ぬるめの湯加減でじんわり体を温めましょう。

お湯につかる時間は10~15分程度にしましょう。

1.脱衣所には、ヒーターなどの暖房器具を置いて暖かくしておきましょう。

2.服を脱ぐ前に浴槽のふたを開けたり、浴室の床や壁に温かいシャワーをかけるなどして、浴室を暖めておきましょう。

3.心臓から遠い手や足から温めると血圧の変動は緩やかになるので、湯船に入る前に、手や足からかけ湯をして、 徐々に体を温めていくようにしましょう。

4.足からゆっくりと湯船に入り、徐々に肩まで浸かるようにしましょう。

5.湯船から出る際、急に立ち上がると血圧が低下して転倒の危険があるので、手すりや壁をつかまってゆっくりと立ち上がって湯船から出るようにしましょう。

6.入浴により汗をかくため脱水を起こしやすくなります。

脱水になると血液がドロドロ状態になり、脳梗塞を起こす危険性が高まりますので、入浴の前後にはコップ1杯程度の水分を補給しましょう。

それでは、温かい気持ちの良い入浴タイムをお過ごしください(^^)

にしがも整骨院
京都市北区大宮北椿原町30-2
TEL075-495-8080