岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

これからの秋バテに注意!

暑かった夏も徐々に涼しくなり、思い起こせばエアコンの効いた部屋に長時間いて、冷たい食べ物や飲み物を摂取しながら暑さをしのいできた方もおられると思います。

ここ最近、涼しくなり秋口に近づいていますが未だに倦怠感や食欲不振が続いておられる方もおられるのではないでしょうか?

秋になっても、そのような体調不良がつづいているのは、「秋バテ」かもしれません。

今回は、「秋バテ」について、その原因と対策について説明します(^^)

秋バテとは、真夏の生活習慣により、自律神経などが乱れ、食欲不振や倦怠感などの不調が秋までつづくことです。

自律神経が乱れる主な原因は、猛暑がつづくなかで冷たいものを多く摂取したり、冷房に長時間あたりすぎたことによって、内臓や体が冷えることと考えられています。

夏バテの症状や原因と大きな違いはありませんが、夏が終わり秋口にもこのような症状が起きる、継続していることを「秋バテ」と呼ばれています。

例えば、夏場に冷房を嫌う高齢者は依然として多く、炎天下の中、長時間の外出や庭仕事などによって自然と体に負担がかかり、日々の生活の中で知らずにバテてしまうことがあります。

逆に冷房が効いた部屋に長時間いた場合、熱中症のリスクは軽減できるものの、今度は”冷房疲れ”による体調不良に見舞われることもあります。

真夏はほとんどの公共の場でエアコンが効いています。

また冷たい物ばかりを口にすると胃腸への負担が大きくなり、それによって起こる消化機能の低下も秋バテとなる一因です。

こういった生活に慣れてしまうと全身にだるさ(倦怠感)を覚えるようになり、同時に食欲も落ちてきます。

肩こりや腰痛になる人も少なくありません。

通常、夏バテは暑さが和らいでくると同時に体調も自然と回復してくるものですが、エアコンの効いた部屋で過ごしたり、冷たい食べ物や飲み物ばかりを摂り続ける生活習慣が長引けば回復も遅くなっていきます。

秋バテの予防と対策。まずは生活習慣の見直しからしていきましょう(^^)/

【食事】

食欲不振になってしまうと、食事を抜いたり簡単なもので済ませたりしがちですが、必ず1日3食をできるだけ決まった時間に摂取しましょう。

栄養バランスが取れた食事がベストですし、胃腸を刺激する冷たい食べ物は極力避けたいところですが、どうしても冷たいメニューになってしまう場合、飲み物のお茶は温かくするなどしてバランスを取りましょう。

【室温調節】

秋になってもしばらくは、まだまだエアコンに頼らなくてはいけない日々が続きます。

一般的に冷房時の適温と言われているエアコンの設定温度である27~28℃は、少し暑く感じるはずです。

しかし、秋は冬への備えをする準備期間です。

真夏の猛暑で受けたダメージや冷房で冷えた体を徐々に回復させなければいけません。

9月などは猛暑日などもありますので、熱中症の危険性がありますが、徐々にエアコン離れをするように心掛けましょう。

またエアコンの冷風が体に直に当たらないよう風向きを調節してください。

扇風機でエアコンの冷風を部屋に拡散してあげるのもいいですね!

【入浴】

入浴には血行を促し、冷房で硬直した筋肉を和らげる効果があります。

さらには体内に溜まった老廃物を排出させようという動きが活発になります。

入浴は体を温めるだけでなく、体を清潔にして気分をリラックスさせてくれる効果があるので、気分よく1日を終えるためにも欠かせないものです。

【運動】

真夏日が続くと外出を控えるようになり、運動はおろか日常的に歩く頻度も減っていきます。

そうなると汗をかかなくなるため、体温調節がさらに鈍くなり、これも秋バテの一因となります。

早朝や日が沈みかけた夕刻時などを利用し、わずかな時間でもウォーキングなどの有酸素運動で体を動かす習慣をつけましょう。

【睡眠】

きちんと体調を整えるためにも睡眠も重要です。

暑さで眠りにつけない場合、冷房器具を使うことは有効ですが、エアコンは冷えの原因になることから低めの温度に設定しタイマーをかけるようにしましょう。

扇風機に関しては、直接風が当たったままの状態だと体温が奪われるため、首振り機能を使うなどしましょう。

秋口は夏と比べ、寒暖差が激しくなりますので、必ず腹部を中心にブランケットをかけるようにしてくださいね(^^)v

にしがも整骨院
京都市北区大宮北椿原町30-2
TEL075-495-8080