岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの施術なら中村整骨院

筋トレはバランスが大事!!

おはようございます! 中村整骨院 竹林です!

 

筋トレの目的は、運動不足の解消 ダイエット

体型維持 夏に向けての体作り…など様々ですが、トレーニングの仕方が間違っていたりすると、効果が出にくいだけでなくケガの原因にもなってしまいます。

 

今回は、筋トレのお話で、

その中でも

「主動筋(しゅどうきん)」

「拮抗筋(きっこうきん)」

に注目してお話しします。

 

筋肉には、関節を曲げたり伸ばしたり、捻ったりする作用があります。

 

その際に、

メインの働きをする筋肉が「主動筋」

サポートの働きをする筋肉を「拮抗筋」

と言います。

 

例えば、肘を曲げる動きならば

メインの筋肉  上腕二頭筋(いわゆる力こぶの部分)

反対に、肘を伸ばす動きならば

メインの筋肉  上腕三頭筋(力こぶの反対側の部分)

となります。

 

この様に、メインの筋肉はサポートの筋肉とは反対の働きをすることで、

メインの筋肉が行う動作に制限をかけ

運動の速さや強さを調節し、関節にかかる負担を軽減します。

 

そのため、筋トレを行う際に

メインの筋肉ばかりを鍛え過ぎると

サポートの筋肉とのバランスが悪くなります。

 

すると、動作に制限をかけきれず関節を痛めてしまったり、

2つの筋肉の力の差で肉離れを引き起こしてしまったりと

ケガの原因になります。

 

つまり、筋トレをする際は

メインの筋肉とサポートの筋肉の2つをバランスよく鍛えることが大切です。

 

この2つの筋肉のバランスが良いと

運動する時のパフォーマンスが良くなったり、ケガの予防に繋がってきます。

 

せっかく体のためにトレーニングをしているのに、ケガをしてしまってはもったいないですからね…( ̄▽ ̄;)

 

トレーニングをする際は、

量をこなすことも大切ですが、

質を意識してみることも良いかもしれないですね!

 

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7
グランディール北嶺1階
TEL075-721-4976