岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの治療なら中村整骨院

症状別

首の痛み

症状

  • 朝、起きたときに首が痛む
  • デスクワークをしていると首が痛む
  • スマホ、テレビ、パソコン画面を見てると首がだるくなる
  • 本を読んでいて顔を上げると首が痛む
  • 振り返ると首が回らない
  • 頭痛、耳鳴り、めまい

原因

首は重い頭(6~8kg)を支えている為に常に首周りの筋肉に常にストレスがかかっています。台所で調理中の同じ姿勢やデスクワーク、パソコン、スマホ画面を見るといった長時間不良姿勢続いたり、寒冷にさらされたり、加齢により首の骨や筋肉が弱くなったり、血流が悪くなり疲労した時に筋肉がより緊張しコリになったり、コリが痛みに変わります。

適応施術プラン

首は背骨の一部で身体全体でバランスを取っています。SOT骨盤矯正で骨盤のズレを矯正する事により背骨全体の綺麗なS字が復元され首の負担が軽減され、血流を改善し筋肉をしなやかに戻し痛みを取り除きます。

肩こり

症状

  • 朝、起きたときに肩が痛む
  • デスクワークをしていると肩が痛む
  • 荷物を持つときに肩が重く、痛む
  • 洗濯物を干す時に肩が上げにくい
  • 着替え時に肩が上げにくい
  • じっとしてても肩が重い

原因

肩は重い頭を支える土台となっており、また両肩に腕がぶら下がっている為に抜けないよう常に力が入り緊張している状態です。また、相手の話に対してうなずくことが多く、その時は首だけを動かす場合がほとんどです。
そのことから、約6~8kgほどの重さの頭を振っていることになります。
つまり、上半身のみを動かすケースが多く、それが肩こりの原因となっているんです。

適応施術プラン

日頃の運動不足や繰り返し使うことで硬くなった筋肉をホットパックで温め、手技で弛める事で関節の動きを取り戻します。
また同時にSOT骨盤矯正で骨盤のズレを矯正する事により背骨全体の綺麗なS字が復元され頚部~肩部の負担が軽減され、血流を改善し筋肉をしなやかに戻し痛みを取り除きます。

腰痛

症状

  • 朝、起きる時に腰が痛む
  • 立ち座り時に腰が痛む
  • 着替え時に腰が痛い
  • 歩行時に腰が痛い
  • 猫背になっていて背筋を伸ばすと腰が痛い

原因

腰部は作業状態、日常生活でストレスを受けやすく、ほとんどがいくつもの関節をまたいでいる筋肉で様々な動きに関連しています。
日常生活で中腰で物を持ったり、スポーツで競技中に発症したり、家事や労働で重い物を運こぶ時に起こりやすい。
不良姿勢、作業姿勢、下肢の筋肉の緊張や変形により様々な力が掛かったり、自身の筋力が加わる事によって引き起こされることが多いです。

適応施術プラン

日頃の運動不足や繰り返し使うことで硬くなった筋肉をホットパックで温め、手技で弛める事で関節の動きを取り戻します。
また同時にSOT骨盤矯正で骨盤のズレを矯正する事により背骨全体の綺麗なS字が復元され腰部の負担が軽減され、血流を改善し筋肉をしなやかに戻し痛みを取り除きます。

膝の痛み

症状

  • 階段の上り下りの時に膝が痛む
  • 立ち座り時に膝が痛む
  • 歩行時に膝が痛む
  • 膝が曲がらない
  • 膝が伸ばせない
  • 台所で立っていて膝が痛む
  • 正座が困難
  • 就寝中に膝が痛む

原因

膝の痛みや違和感の原因はさまざまです。
・膝の変形によるもの
・スポーツによる外傷や酷使
・O脚、X脚の影響
・合わない靴の使用
・不安定な場所での立位や作業姿勢
・肥満や体重増加
・太ももの筋肉の衰え
・過去のケガの影響など
また、普段の「姿勢」が関わることもあります。
片方の足へ重心を移動させたまま立ち話をしたり
赤ちゃんの抱っこの際に腰へ乗せるような体勢をとったり
何げない姿勢の癖によって、慢性的に体重のかかる部位が偏り 膝に余計な負担をかけて太ももやふくらはぎの筋肉が疲労し、膝への負荷が強くなり痛みにつながります。

適応施術プラン

鑑別診断し熱感、腫れがある場合は出血と炎症を最小限に抑えるためにライス(RICE)療法を行います。
膝を支えている太もも、ふくらはぎの筋肉を弛め、血流改善を行い痛みを減少させます。
また、SOT骨盤矯正で骨盤矯正し足の長さを揃え、体重の偏りを無くし膝への負担を減らします。

スポーツのケガ

症状

  • 野球で投球時に肩、肘が痛む
  • テニス時にラケットを振ると肘、手首が痛む
  • 急に走って膝が痛くなった
  • 過度のウォーキングでに膝、足首が痛む
  • プールで泳ぐ際に肩、背中、腰が痛む

原因

急激な外力が掛かったり、相手と接触したり、繰り返し筋肉や関節を使ったり、関節や筋肉の使い方の間違いや、疲労が溜まった時に怪我をしやすいです。
・酷使・鈍的外傷(転倒やタックルなどによる外傷)
・骨折と脱臼・ねんざ(靭帯の損傷)と挫傷(筋肉の損傷)

適応施術プラン

鑑別診断し熱感、腫れがある場合は出血と炎症を最小限に抑えるために、上記ライス(RICE)療法を行います。
・Rest(安静)
・Icing(冷却)
・Compression(圧迫)
・Elevation(挙上)
療法で患部の出血・腫れを抑え、患部の安静を保ち、必要な箇所はテーピング固定を行います。
痛みが治まれば、固まった関節や筋肉の傷跡を緩めるリハビリを行い競技に復帰出来るように早期回復を目指します。