岩倉・上高野・大原・八瀬・市原・静原・鞍馬で腰・肩・首の痛みの治療なら中村整骨院

信頼できる、だから、続けられる

冷湿布と温湿布どっちがいいの?

こんにちは。中村整骨院 竹田です(^^)

冷湿布と温湿布どっちがいいの?と思われた方は少なくないと思います。お答えすると、どちらでも正解です。実は冷湿布は『冷感湿布』温湿布は『温感湿布』というように感という文字が入っています。なので実際に冷やしたり、温めたりの効果はありません。感じているだけなんですね!冷蔵庫で保存されると多少は冷却作用もありますが、基本気持ちのいい方でいいです。

ただし気をつけていただきたいのは、温感湿布はトウガラシ成分が含まれているため、皮膚の弱い方は控えられた方がいいので冷感湿布をオススメします(^-^)

また、貼っている時間の目安としては、あまり長く貼るとかぶれの原因にもなりますので、3時間位を目安に剥がしてください。

湿布には鎮痛作用もあり、肩こり・腰痛などの時に貼っていただくと痛さ・辛さなど軽減すると思います。

しかし、痛みが治まったからといって治ったわけではなく、応急処置にすぎません。痛みの原因である筋肉の硬さ・身体の歪み・姿勢など根本から治していかないとまた同じように痛くなってしまいます。

当院では、この様な症状でお困りの患者さんにできる限りわかりやすく原因や症状の説明を行い、一人ひとりに合った治療プランを提案し根本治療を大切にしています(^-^)

 

中村整骨院

京都市左京区岩倉三宅町7
グランディール北嶺1階
TEL075-721-4976